後手早石田対策 その1「後手早石田がどうして苦手なのか改めて考えて、対策を考えよう!」

さて、今回からは将棋について真面目な記事を書いていこうと思います(笑)。
しばらく何回かに分けて「後手早石田」について調べてみます。

僕が地味に困っているのがこの「後手早石田」。
いや、ちゃんと対応すれば大丈夫だというのは分かっているんですよ。
でも、その「ちゃんと」ってなんだよ!「これなら絶対に早石田にやられない」って方法は無いものか。

ってことで、ここで改めて「ちゃんとした」後手早石田対策を考えておこう!
第一回の今回は「なぜ、後手早石田に困っているのか」について改めて考えてみます。

まあ、まずやっぱり一番の難点はいきなり潰れてしまう変化が多いこと、ではないでしょうか。
なにせ振り飛車が狙うのが3六の地点、飛車の小びんなんですよ。いつでも角交換してから△3六歩~△5五角で手になりそう、なんて気分になっちゃう。
そうでなくても角が向き合っているのは不安になるんですよね…。自分から▲6六歩と角道閉じる作戦もあるけど、そうすると石田流本組にされてしまう。


ちなみに「じゃあ先手石田流は?」って話になるんですが、2手目8四歩の居飛車党なので、石田流にならないんですよね。
となると「なら初手▲2六歩~▲2五歩で防げる」って話になるんですが、そうすると今度は2手目8四歩の相掛かりの可能性が…、あれ? 

f:id:shogi-idol:20170709203723p:plain

▲2六歩△8四歩には▲7六歩とすれば普通の相居飛車に戻るのでは?
相掛かりが非常に苦手なのでついついうっかりしていたのですが、初手2六歩が必ずしも相掛かりになるわけではないのですね。
そうか、相掛かりは「角道を開けない戦法」なんだからこっちから角道開けてしまえばいいのか!(←そんな簡単な話なのか?)

じゃあ初手2六歩で後手早石田を避ける方向で…、

あ、解決しちゃった。


いやいや、しかし相手が振り飛車党だった場合は、今度は向かい飛車対策が必要になります。
向かい飛車は苦手で…、と思っていたらちょうどいい本がありました!将棋世界です!
まさに、この記事のためにあるような内容でした(笑)。
2017年6月号の「最新定跡探査[振り飛車編Vol.9]」が向かい飛車の特集となっています。興味のある方はどうぞ。

ってことで、「後手早石田か後手向かい飛車か」って選択肢を迫られることになりました。

しかし、それでもやはり向かい飛車対策するくらいなら後手早石田対策をしたい。
なぜなら、今月号の将棋世界を見ても思ったのですが、向かい飛車は種類が多い!
角交換してきたり、升田流にしてみたり、プロで取り上げられないだけでメリケンなんてものがあったりとはっきり言っていちいち対策が面倒(笑)。

ん?それならやっぱり初手2六歩から入り、2手目3四歩を見てから▲7六歩と角道を開けると…?

f:id:shogi-idol:20170709203738p:plain

  やっぱり後手早石田を防げませんでした、残念。しかもこれでは初手で居飛車を明示することになってちょっと損かも。
「後手早石田」と「後手向かい飛車」の両方を防げる方法があればいいのですが…、そんなうまい話は世の中無いよなあ。


ってことで、検討した結果、初手7六歩でも初手2六歩でも、後手早石田を甘受することになるのです…。
続きは次回。

 

P.S.
よくよく考えてみたらやっぱり向かい飛車対策したほうがいいような…。その話はおいおい。

西東京名人戦

だいぶ過ぎてしまいましたが、先月28日に行われた西東京名人戦について軽く。
あきる野市で毎年行われている大会のようですが、昨年は開催が無かったみたいで、
今回が38回目。

 

今年は秋川ふれあいセンターで行われました(前回も?)。調べて気付きましたが、
駅から遠いわりにアクセスが悪いんですよね…。参加者の中には車で来ている人の割
合が多かったようです。一部の参加者は他の人に同乗させてもらっていたみたい。

 

森内九段は午後からいらっしゃいました。来て挨拶して、すぐに指導対局へ。

 

指導対局を見るのは数回目なのですが、やっぱりすごいですね~。
最大で六面指しだったのですが、一目でさくさく指しているさまは流石でした。


毎日新聞の記事によると全部で57人が参加、森内九段の指導対局には11人が参加した
そうです。

 

そういえば、参加賞のタオルに毎日新聞の名前が入っていたのはなんでだろうと思っ
てましたが、毎日新聞多摩総局後援なんだそうです。

 

ちなみに開会の挨拶では、40回の記念大会には団体戦にしたという話もありました。
どうなるんでしょう?

 

あと、悪いこと書くのもなんですが…。参加費が2000円なんですよね。そのわりに昼
食が…、その…。
普通のお弁当ならまだしも、ちょっとした助六でした。やっぱあれですかね、大々的
にやると経費がかさむんですかね…。


という簡単な報告でした。
…、え?肝心の結果はどうだったのかって?
いやいや…、最近危機感だらけなもので、まあ、もっと精進します。

新宿将棋センター行ってみた!初心者向けの利用案内付き

去る24日、新宿将棋センターに行ってきました。
自身はほぼ一年振り二回目です。

ちなみに日本将棋連盟内の公式ページはこちら。

www.shogi.or.jp


おそらくこういった道場に対して「行ってみたいけどちょっと…」って人は多いと思います(僕もそうでした)。なので、未経験者が気になるようなことを中心にレポを書いておこうと思います(自分にも備忘録として)。

なるべく詳しく書いたのでかなり文章量が多くなってしまいましたが、適当に呼び飛ばしてください(笑)。文章のテーマとなる単語には赤字大きめにしてあるので、気になるテーマを探してみてください。


場所については公式ページ(こちら)をご覧ください。新宿駅を普段から利用している人は「西口を出て、北方向(大ガードのほう)へまっすぐ」で多分通じるはず。一階がモスバーガーなのが有名なビルの六階です。
普段利用しない人(僕も含め)はなかなか分かりにくいのですが、地下通路ではなく地上を行けば少し迷う可能性を減らせるのかなあと。
ちなみに、「新宿将棋センター」という看板がでかでかと出ているわけではない(ちょっと小さめ)ので、行き過ぎないように注意。

 

料金については、こちらも公式サイトに書いてあるので参照。ちなみに僕は将棋世界を持っていっています。将棋世界割引は実質650円引きなので、将棋世界が800円であることを考えると非常にお得だと思います。

 

初めての方は受付で初めてであることを伝えましょう。名前などを登録します。その後、名前を入れた手合カードを作ってくれます。
初めての場合は「棋力はどのくらいですか?」と訊かれます。「分からないから認定してほしくて来てるんだよ!」と思うかもしれません(僕もちょっと思いました笑)。
将棋ウォーズや将棋クエスト、将棋倶楽部24などをしている人は例えば「ウォーズで○段ですね」などと言っておけばスタッフがだいたいの相手を選んでくれます。そのほか、東京将棋会館などで棋力を認定されている場合もそれを伝えましょう。
どうしても分からない人は周りの知り合いを思い浮かべながら「○級くらいの○○さんよりは下で…、だから…」って感じで本当にだいたいを伝えれば大丈夫です。

二回目以降で棋力を認定されている場合は、棋力認定証を出します。


また、このときにお金も支払います。「一日料金」以外で利用したい場合は忘れずに言っておきましょう。何も言わないと「一日料金」を請求されるはずです。僕もこのときに忘れずに将棋世界を出しています。
あとは、名前が呼ばれるのを待つだけ、良い具合の相手を選んで手合いを付けてくれます。手合いが付くとマイクで名前を呼ばれます。スタッフによっては聞き取りづらいので注意しておきましょう。
名前を呼ばれたら対局です。受付の人から手合カードを受け取り、相手と「この辺でいいですか?」って感じで場所を決めて座り、駒を並べます。大抵の場合振り駒で先後を決めるので、相手がやってくれそうなら任せ、やってくれなさそうなら「振り駒していいですか?」と自分で振り駒をやりましょう。

 

対局が終わったら、勝ったほうが二人分の手合カードを受付に持っていくのが一般的です。たまに持っていかない人がいるので、その場合は自分で持っていきましょう。受付には自分の(勝ったほうの)手合カードを上にして持っていけばそれが勝ったしるしですが、僕の場合はいつも「○○(自分の名字)勝ちです」と言い添えてます。
受付スタッフへの確認の意味もありますし、何より自分が嬉しいですからね(笑)。


ちなみに対局後の感想戦ですが、やってくれる人もいますが、やらない人が多いと思います。若い人(学生~青年)ほどやってくれると思いますので、気になる局面がある場合は「例:ここで歩を打ったあたりではどうでしたかね~」とか聞いてみるといいでしょう。
興味ない人は「あ~、どうだったんだろうねえ」くらいで席を立ってしまうので、あまり感想戦に無理強いはしないほうがいいと思います。

 

もし帰ろうと思ったら手合カードを持っていったときに「そろそろ帰ります」と告げます。最後が負けだった場合は手合カードを持っていかないので、次の対局が決まる前に受付に帰ることを伝えましょう。
初めての方で、ある程度対局をこなすと棋力を認定してくれます。棋力が認定されると棋力認定証が貰えますので、次回からはこれを提示しましょう。また棋力が認定されなかった場合は、手合カードをそのまま貰えるので、次のときに忘れずに持っていきましょう。

というのがおおまかな流れです。


そして、未経験者が一番気になるのが「道場の雰囲気」だと思います。ちなみに僕は前回去年行ったときは日曜日、今回は水曜日でしたが、だいぶ雰囲気は違いましたね。
公式ページには平日と休日の写真が載っています。直リンクを貼っていいものか分からないので避けますが、「遊び心満載!『新宿将棋センター』」と書いてあるところのリンクです。
ぶっちゃけ、この写真はだいたい本当です。特に盛ってません(笑)。ただ、ちょっと休日のほうは多すぎかなあ。
休日は人が多いだけに色んな人と対局できます。一方で、平日は高齢者男性の割合がかなり高めなので初めての人にはちょっとオススメできないかなあ、と。
どういうことかというと「平日は人が少ない」=「同じ人とよく顔を合わせる」=「自然と知り合いになる」ということで、お客さんたち同士がかなり知り合いになっているようなのです。
先日僕が行ったときもお客さんたちは知り合いらしく比較的大きめの声でよく喋りながら対局していました。
本人たちはよいかもしれませんが、第三者からするとちょっと…。将棋道場に慣れていない人があの雰囲気の中にいるのはあまり心地の良いものではないかもしれません。

前に日曜日に行ったさいは、人が多すぎてそんなことはありませんでした。それに、人が多いとすぐにしかも同程度の棋力の人と手合いが付くという長所もあります。
たしかに人が多すぎるとうるさくなりますが、少なくても意外とおじさんたちうるさいので…(笑)。

とはいえ、僕も平日と休日一度ずつしか行ったことがないので、参考までにどうぞ。

 

以下、先日の自分のレポ。
前回のときには棋力が認定されなかったので、前回の続きで手合カードを作ってもらいました。
色々ありましたが、結果は4勝2敗。特に最後は時間が無かったので、あえて詰むほうに逃げて詰ましてもらいました。
今回は帰りに棋力認定証が貰えました。
とりあえず参段とのことでしたが、どのくらいすごいのかよく分かりません…。

本人確認してよかったのかな(笑)

先日、三期生単独ライブの記事で「本人確認が厳格になった」って話をしたら、早速それで事件になったようで。
偽造の学生証を提示して「偽造有印私文書行使」の容疑が掛けられたみたいですね。
仕組みが意外と複雑で、理解するまでに少し時間が掛かりました。
つまりは、
1.チケットを購入した人(A)がチケットをオークションに出品する
2.チケットを購入できなかった人(B)がオークションで落札する
3.BがAに自分の写真を送る
4.Aは「Bの写真でAの名前の学生証」を作る
5.チケットと学生証を発送
ってことなのですね。

そして、その前提として「チケットに本人の名義が入っている」と。最近は記名式チケットって一般的なのかなあ。

 

 

 

生まれてから初めて見た夢(セブン‐イレブン、セブンネット限定特典:生写真付き)

三期生の幕開け

終わりましたね、三期生単独ライブ。
とりあえず参戦レポを読んで行った気になろうと思います(笑)。

いきなり単独ライブなんてどうかなと少し思いますが、逆に言えば、早く一人前にしたいということなんでしょうか。プリンシパルもあったけれど、コンサートの場合は段取りとかスタッフとの打ち合わせとか、色々経験になることは多いんだろうなあ。
アイドルとは、アイドルの素質のある人が集まるのではなく、経験によってアイドルになるのだ、ってことなんですかね。


ちなみに僕はまだ三期生が完全になじんでいないのですが…、ひとまず乃木恋のイベントのおかげで三期生のことは一通り勉強した…、つもり。
考えてみたら二期生のときだってすぐにはなじまなk…、いや、二期生のときはいきなり次のシングルでど真ん中にいたから、なじむなじまない以前の問題だったような。あのときの(良い意味で)飾りのように緊張して並ぶ堀が懐かしい。


そういえば三期生の単独ライブでは「来場者全員の本人確認」が実施されたとか。
今まではたしかランダムだったんですよね。
ネット上では転売屋対策としてかなり効果を上げたと言われているようですが。
そもそも一般に出回っているのか、試しにヤフオクで検索してみることに…。


・・・・・・・・・・検索中・・・・・・・・・・


ほう、AKBGも含め、意外とあるんですね~。
しかも「本人確認書類貸出付き」なんてものまであって、驚きました。じゃあ全員本人確認してもダメじゃん(笑)。
本人確認ってたいてい「顔写真付き1点」or「顔写真無し2点」ですから、後者でOKってことなんでしょうけれど…、性別とか年齢とか合わせられるのかなあ。


握手券についても同様に売られているようですが、握手会も本人確認って厳しいんでしょうか?(←行ったことがない)

 

 

 

 

 

生まれてから初めて見た夢(セブン‐イレブン、セブンネット限定特典:生写真付き)

今後の将棋カテゴリの予定

将棋カテゴリでは将棋界の話題も取り上げつつ、序盤の勉強を積極的にやっていこうと思っています。

基本的に自分向けにやったことをここにまとめているだけなので、抜けがあるかもしれません。

もし誤り等ありましたら、遠慮なくお伝えくださいませ。

 

現状やりたいことリスト

・後手早石田

・角換わり早繰り銀

・対左美濃藤井システム

・相横歩取り

 

時間が出来たら少しずつ検討していきたいと思います。

ブログ開始記念日

はてなブログでブログを始めてみました。

ブログの名前の通り、将棋やアイドルに関して書いていこうと思っています。

将棋については気になる序盤を考えてみたり、本を紹介したり。

アイドルについてはAKBGなど(優先順位は坂道>AKBGで)。たまにそれ以外も。

その他は、アニメや…、たぶん色々。

 

自分への備忘録として書いていくことが多いので、参考までに覗いていただけるとありがたいです。

 

なんといっても“続ける”ことが大事。

今のところは目標は週2くらい。

 

 

 

P.S.

タイトルに記念日なんて書いていますが、今日という日に意味があったわけではありません(笑)。

たまたま思い立っただけです。「思い立ったが吉日」と言いますしね。